Top / ブログ / 2018-04-02

おたよりの続き

西日本も関東も桜に満月が見られましたね。

こちら京都で桜舞う月を眺めています。

京都では冷泉通りの琵琶湖疏水の水路周辺の桜の見事さに
皆、足を止めています。
今年から疎水に復活した観光船も風情がありますよ。

琵琶湖疏水

京都の桜

それでは
昨日掲載したおたよりの続きとご報告です。

日台の歴史の中で、根本博中将という方がおられ門田隆将著の物語の中に新宿内藤町が出てくるのですが

ふと神社があった事を思い出して
途中下車して初めて参拝した所、
なんと藤原鎌足さんと天児屋命がお祭りされていて
思いがけずびっくりしました。

内藤家は遠縁になる様で、
先生が、武士はみんな親戚と仰っておられましたが、
ちょっとびっくりしました。

スピリチュアルカウンセリングで感じたところ
たくさんの武士の方々がいらして(幕末も含む)
現代に生きているこの方(女性です)に大事な
ことをお伝えになっているもようでした。

それが何であるかは、ご本人が調べてたどり着くのが
学びのようです。
感受性を信用して進めて良いのですね(^^)

台湾に関係した昔の日本人の方のことも 調べていらして
そういった歴史や史実を見てみると、本当に大事なこと
日本の人としてやらねばならないことに気づきます。
もちろん台湾だけではなく、昔の日本がおこしたことに
ついて今の人も知るべきでしょうね。

なぜかというと、
霊界からの知らせで

「先祖が地上で行ったことは
消えずに地上に残り、
子孫がそれに報いる」

といわれたのです。
時代が変わっても
ゆり戻しがあるのですね。
ならば、今、できることをしておくのが
この先の未来を生きる人にとって親切では
ないかと思います。
負の遺産を残さぬこと。
その為にも何があったのか
どうであったのか
なるべく「気持ち」を大切に
みてゆくのがいいのではと考えます。

せめて弔いをさせていただくこと
過去に通じてゆく思いが
今の私たちを本当の意味で賢く成長させて
くれるのではと思います。

おたよりをくださった方は
日本にはとても多い「藤原氏」の家系であると
先祖をたどってお調べになりました。

また、やはり先祖が武家であって
国と人々を守ってきたこともです。

そうなれば内藤町にも寄らずにはおれないですね。

昔の人々がどのような思いでいらしたのか
その断片でも知ることができれば。

そして見つけたのがご先祖系統の神社だったり。
最近は特に天児屋命がアツいですね。
度々皆様からご報告をいただきます。
今年は藤原、春日大社、奈良に何かあるのでは・・・

そして。

また、リーディングでお知らせ頂いた
ご先祖様の処方箋は
今の症状にぴったり当てはまっておりました。

【霊芝の効能】
免疫力アップ、高血圧、低血圧、アレルギー
便秘、ガン予防、生活習慣病

【ゲンノショウコ】
冷え症、整腸、緩下、健胃、利尿、抗炎症
抗菌、強壮、血行促進など

お客様から前に
「血圧が低くなったり高くなったりする」
とお話をいただいておりましたので、

霊芝(れいし)という漢方薬が
血圧と免疫力に関係していると知って
なるほどと思いました。

私自身は漢方の知識はありません。
カウンセリング
漢方薬の名前が出てきたので、
お客様がお求めになったと教えてもらって
気になりまして
その効果効能をうかがったら
丁寧にお答えをいただきました。

遠く、藤原氏までたどれるご先祖様にかかって
このような内容が受け取れたということは

お客様の家は昔からご先祖を大事にされていた
ということではないでしょうか。
ずっと癒しと弔いを続けてきたのですね。

戦争があってお墓のことも
昔のことも わからなくなっている家もあると
聞きます。家のことを先代の方が話したがらなかった
というお客様からのお話も聞きます。
ご先祖をたどることができなくても、
可能な範囲でいいのです。
お気持ちが伝わるのが何よりです。

最後に
「お弔いの大切さが広まると
世の中が明るくなる様に思います。」

とお言葉をいただきました。
ありがとうございます。

内藤町