スピリチュアルセラピスト 緑マナミ Tokyo,Kyoto,Japan

霊媒を通じたスピリチュアルメッセージ リーディング チャネリング カウンセリング ヒプノセラピー 京都  東京赤坂

ブログ/2018-04-24

Top / ブログ / 2018-04-24

春の雨

本日は一日雨模様でした。
出かけることもなく、事務処理を行っておりましたが
たまに見る番組はとても為になります。
関西の放送局はローカルな地元の話題、
素敵な場所の情報を丁寧に紹介してくれていて
地元感のない私にはありがたいです。

今日は滋賀に住む外国の方の目線で
素敵な地元の紹介をされていました。

滋賀は美味しいもの、自然、文化と
京都とはまた違った趣のある
まさにローカル感満載な感じで
外国の方は驚きと憧れの心をいっぱいお話してくださっていて
本当に皆さん滋賀が好きなんだなーと
ひしひしと伝わってきました。
穏やかな笑顔でご紹介されていましたよ。

古代米作り、原種の穀物を生産していたり
今の時代にはむしろ 新しいかもしれない
取り組みをしている、実践して生活に取り入れている
シェフや農家さんを見ることができました。

私も最近は化学物質をなるべく排除した生活を
心がけているので、原種に近い穀物だとか
もしかして眠っている潜在能力を引き出せるかも?
なんて思ってしまいますよ。

ちょうどあるアーティストの方と稲荷神について
facebookでメッセージを送りあっていたところです。
その方は私を思い浮かべながら曼荼羅を描いていたら
伏見稲荷が浮かんだと・・・

それを聞いて、私は霊媒として稲荷系なんですよと
お返ししたら驚いていらっしゃいました。

私もそこまで自分のことを知るのには
20年近くかかりましたけどね。

それを初見で会った後に感じてしまわれているって
すごくないですか?

世の中にはこういう方もけっこういるんですよね。
あ、私もか・・・

お互いに自分たちがどうしてそういう能力が出ているのか
よくわからないところで会話していたんですね(笑)

話が逸れましたが、稲荷神は穀物の神でもありますね。
農と言える日本は大歓迎です。皆さん次世代に土と水を継承できるようにがんばりましょう。

根本的に、自然から恵まれていると
それを守るのも人間なのだということを
あらためて世間は気づくべきだと
そういう時期に来ていると思います。

番組ですが、滋賀の方々の生活を見せていただいて
素朴な暮らしがなんと幸せなことか、と
思った次第です。
神や霊を自然や生活の中に身近に感じて、
敬える感性、
それが日本ではないでしょうか
むしろ外国の人に教えられますよね!
これは貴重だ、大事だよ、ってはっきり言ってくださるので。

地球を一周して、
人にとって大切なものは何か、と
追求していけば
現実の足もとにたどり着くはずです。

水と土を空気を守る、それが稲荷大神であると
私は思います。

京都

セッションのお知らせです。

27日から30日までが東京
1日は藤沢の予定でしたが、
静岡で多くの方にご希望を
いただきましたので、
1日と2日は静岡になりました。

あいている時間もまだございますので、
この機会に対面個人セッション
とくに今の時期は「ヒプノセラピー
で自分の心の運転を見直し、
ここぞという時にアクセルを入れられるようにですね。
今年は潜在意識の力も高まるはずです。
よくも悪くも出てまいりますよ。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional