Top / ブログ / 2018-06-14

茨城の荒神様

京都は今日は涼しい一日でした。

市内の町の中にたくさんのお寺やお宮があります。
辻を曲がったところにある祠やお宮にご挨拶すると
心が和みます。

聖護院熊野の熊野神社
熊野神社

二条城近くの大宮姫命稲荷大神には
ねこ神様が。きれいに収まってます。

稲荷神社

おたよりをご紹介します。

先月のブログ記事に掲載した「茨城在住のお客様と荒神様」
の夢のお話から

ご当人の茨城の方からメールをいただきました。

スピリチュアルヒーリングセミナーを受講したヒーラーさんです。

思っていた方が来てくださったり、何年も音信不通だった方をふっと
考えてますと連絡が来たり。。。(*☻-☻*)✨

昨夜、Nさんという方から、お知らせが来ました。
緑先生にお会いしたく、一度赤坂へ一緒に行った方です。
茨城にお荒神様の祀られてる場所を伺っていたのですが、
牛久にあるようなんです。

そこが、偶然にもNさんと一度行ったことがある場所でして、
お不動様のお護摩も炊かれているところだったんです。

そこのホームページにはこんな事が書かれていました。

牛久成田山真浄寺
○三宝荒神、荒神様

荒神様は、仏法を守護する神様。 
荒神様は、不浄を嫌う神様。清浄な場所に住む神様、
すべての不浄な物を焼き払い清浄にする、「かまど」の神様。
役行者が、赤雲がなびいてきたた方向に行くと、
そこに三宝を守護する神、荒神様がいた。
役行者は、その場所に祠を造り三宝荒神様を祀った。
荒神様については、金剛薩土が習合し三宝荒神となった。
仏法守護と寺院の安泰を願って、寺院を建立するときは、三宝荒神を祀ります。
その三宝荒神は、歓喜天と同体とする説。
十羅刹女を三宝荒神とする説、普賢菩薩を三宝荒神とする説もある。
三宝荒神は、日天の眷属、剣婆様と同一の神とする説もある。
火災など災難から家を守護する神としての荒神様は、屋敷荒神様と言われる。
このように荒神様については、諸説がある。

私の夢に出てきてくれた茨城のヒーラーさんは
荒神様を探していたのですが、近くのどこにあるのか
わからなかったとそうです。最近はふいに思うことや
直感がはたらいているんですね。ヒーリングを通じて
潜在意識とつながっているのでしょう、
するとお知り合いの方が荒神様を見つけてくれたそうで
そのお寺は以前にお二人で行かれた場所だったのですね。

ここで荒神様と茨城がつながりました。
ありがとうございます。

荒神様は屋敷神や仏教守護、国家守護や竈の神という
様々な面を持っている「祓いと守護の神」なのでしょうか

これから天災、人災と世間も騒がしくなりますが
人を守る人は忙しくなります。その人達は霊によって守られて
いくことでしょう・・・

おたよりをありがとうございます。