スピリチュアルセラピスト 緑真名美

霊媒を通じたスピリチュアルメッセージ リーディング チャネリング カウンセリング ヒプノセラピー 京都  東京赤坂

ブログ/2019-01-03

Top / ブログ / 2019-01-03

2019年が始まりました

あけましておめでとうございます。
新しい年の幕開けとなりました。

今年はどんな年になるのか、私は潜在意識と未来と高次元と通信しながら紐解きたいと思います。

いのしし
京都の開運 いのししのお寺

大晦日まで東京で
元旦と2日、3日は電話と京都での対面を開始しています。
5日と6日は静岡と名古屋です。
新年早々。皆様はこの時期に一年の計画を立て、心積もりをされるのではないでしょうか。
そういった意識を立てるのにふさわしい新春ですね。

3日も大阪から足を運んでくださったお客様がいらして
興味深いお知らせと作業がありましたよ。

同じ職場の人に何やら用があるのか、ついている霊?がいて その人を睨んでいるらしいのだけれど 意味がわからないし、本人に教えるほど親しくないしそんな話はしにくい。

そうですよねぇ。
本来はその霊さんを連れているご本人が気づいて対処すべき問題かと思われますが、それが叶わないので私たちのところに情報が来るのでしょう。
ご相談に参られた方はヒーリングを実践しているヒーラーさんです。これも修行ですね、ではどうしましょうか、せっかく私たちに機会を与えてくださったので聞いてみましょうと。

色々と、心を通じてお話してみると
けっこうあっさりしたものでして
わかりました、という感じで去られました。
最後は笑顔が見えたような。

霊さんに睨まれていた方は何かしら この古い霊と
縁があるのだろうけど、それは分からずとも良いかと思われます。
ご本人が私に相談に来れば説明出来ますが、そこまで立ち入る件ではないです。

霊を払う、とか抹消するというのも考え物だと思っています。
それらの存在には「行きたいところがあるけど、行けない」
何かしらの事情があるのです。

私やご相談に来られた方は、時間と場所を通り抜けるヒーラーです。
自在とまでは申しませんが、ある程度、許された範囲でいたすことが可能です。

それらの作業も霊界を通じて仲介の霊と一緒に行う必要があります。
人間はさもすると「自分のみで行った」と勘違いして慢心を起します。
これは危なくて、人や霊と争うことにもなります。

許可なく あれこれと勝手に動かしてはいけないのは
地上も同じではないでしょうか。

とにかく男性修験者らしい霊さんに喜んでもらえて良かったです。
その霊を背後に負っていた方は精神不安定で、職場でミスをしては泣いていたそうですが、負の感情を先の霊さんと分かち合っていたのですね。
地上ではすべて自分のせい、と思われ、考えられますが・・・
世界は広くて様々な場、次元があります。
人はそれらの次元と場とかかわり、相互に影響をしています。

非科学的で検証もできない 胡散臭いことが私たちの専門ですね。
それで良いと思っています。心は如何様にも変わります。

今年は大きな変革の流れが続きます。
今の時勢として皆様には「自分に集中する」ことが大切かと思われます。
自己の中心、意識下に願望と達成の為のエネルギーと情報があることでしょう。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional