スピリチュアルセラピスト 緑マナミ Tokyo,Kyoto,Japan

霊媒を通じたスピリチュアルメッセージ リーディング チャネリング カウンセリング ヒプノセラピー 京都  東京赤坂

calendar ブログ/2017.11

Top / ブログ / 2017.11

<< 2017.11 >>
[ブログ]
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017/11/30 (木)

もう12月

なんともう師走です。
早すぎませんか?
12月の東京、京都のスケジュールを
掲載したのでチェックしてくださいね!
京都ツアーも12月は何日かお申し込みがありました。
やはり京都のスピリチュアルパワーはすごいと評判です。
今年は、私と京都ツアーでご一緒して、
そのあとすぐに出会ってご婚約、という方まで!
たいへん感謝されていましたが、
長年セッションにいらしていた方ですから
ご自身の運をご自身で開かれた模様です。
今年は大きな整理と節目、運命の大きな波があったようです。
その波に乗りましたね・・・来年の梅の時期には入籍です。
早いなぁ。いま本当に幸せそうですよ!

私にも、この一年はいろいろなことがありました。
まず、京都さろんが開設。
東京にも月に2回はまとめてセッションやセミナーをしていますが関西にも安定した拠点ができて、
東海地区にも行きやすくなりました。

静岡、名古屋に今年は何度も参りました。
東海地区のお客様にはご縁をいただき
感謝の日々です。

スピリチュアル次元で起きていること・・・

それをいち早く皆さんにお伝えしたい。
その一念で過ごしています。

私は霊界通信を行う霊媒ですが、
同時に研究生でもあります。
いつも、ずっと、そのような気持ちです。

霊界については、いくら研究しても
「わかった」「これで決まり」ということはないと思います。
方程式をつくれない、
作ったところでそれは覆されるであろうし
古い情報を頼りにしすぎると、
そこには「魔」や「闇」が生じると思います。

新しい情報とエネルギーを交流させるのが
現代の霊媒の役目でもあります。

いまの時代は、古いものも見直し、整理を求められて
続くべきものはバージョンアップしてより良くなって
いく模様です。

古くて使えなくなったものは廃れてゆきます。
ただし、復活もありえます。

それらは縁によってつながれていて、
その縁に気づくこと、
儀式を受けること、
約束を果たす、
伝授、
そういった個別の、意識の次元でのイニシエーションが
現実になる、と。

私にとってはたいへん面白い時代です。
20年前に想像していたことが現実になる。
それらのスピードはとても速くなっています。

潜在的なものを具現化するにあたって、
あてずっぽうではなく、
ちゃんとした法則や原理があり
それが把握されていれば
成功するんだと思います。

スピリチュアルは魔法でもなんでもありません。
現実なんです。潜在的なもの、意識の次元のものが
具現化する、それには理由理屈がついてきます。

「わかる」ということが神がかり。

来年の見通しも出てくる、この時期です!


パーマリンク

2017/11/29 (水)

先祖から

関東でセッション、セミナーを行ってまいりました。
ヒーリングも大切ですね。
気を上げると、たちどころに変わりますから。
ヒーリングには本当にいろいろ教えられます。
気づきは毎日、起こりますね。
セルフヒーリング、自分のためのヒーリングを大事に
してゆきたいと思います。

私は霊媒なんですが、
いわゆる霊感というのはないんだと思います。
見えたり聞こえたりしません。
見えなくても良いのか、私にはわからないです。

ただ、目で見えるのではなく「感じる」のはあります。
それから心で話します。
心が通じない相手とは話せません。
私がやり取りをするのは、話が通じる相手、
双方の合意ができる存在のみなのです。

一方的に頼ってこられる、
勝負をして勝ったら召し上げる、
という関係は成り立たないのと
私自身はそういう世界・・・
勝ち負けの次元はぬけてきて
いるので、話は合いません。

こちらの世界にはこちらのやり方があります。
そのやり方に合わないのでしたら 
居ても感じないし出会わないのでしょう。

実はそのことが、私個人を守って、
様々な事柄、次元とかかわるには
大切なことなんです。
極端に、ある場所、ある次元、にかかわることになれば

それしかわからない・・・その次元その場所のみ通用する
セオリーで生きることになります。

私は霊媒、チャネラーなので多次元の存在と通じます。

となると、○○の神、とだけ通じる教祖的な存在には
なり得ないと思います。役目の違いでしょうか。

実際、お客様のほうが霊感が強いですよ。
詳しいし、いろいろ教えてもらっています。
修験者さんやヒーラー、神職、僧籍の方など
多種多様の世界のお話をうかがいます。

そんなわけで、私は霊媒であり、多次元とやり取りするので
ピンポイントな場所からの情報はそれほど来ないというか、
自らはつながないようにしています。
運命上、背負わないようにしているのかもしれません。

ところで基本の基本で、
皆様に関係があって、ぜひしていただきたいのは
「先祖供養」これに尽きます。

やり方は皆様次第。
楽しくて奥深くて、
心からの感謝がわかって、
現実的に開運します。

それにも道のりが一人ひとりあるので、
個別の相談でお話しています。

過去の時代からけっこう問題が生じていて、
容易にわからない問題があるお家もあります。
ですが、心を通じれば必ず変わります。
おしるしや、ご先祖様からだよ~、と
わかるような出来事も起こります。

必ず起こるから不思議です。
でもそれが、リアルということ。
霊界とこの世界はつながっているのです。
オンラインなんです。いつも。

最近のことですが、
私の子供のご先祖で
子供からみてひいおばあさんである方の
イメージが浮かんだので
何かあるのかな?と思いまして

私側の先祖ではない方です。
ですが、お会いしたことがあるので
どなたかはわかりました。

何で来られたのかはわかりませんでしたので、
そのおばあさんのことを思い浮かべて
お経を読むように、と子供に伝えました。

それは二日ほど前の出来事だったと思います。

ひいおばあさんは、私の子供がお腹の中にいたときに
癌を患って、余命数ヶ月といわれていた方でした。

ところが縁があって、そちらの家の怨霊と対話する機会があり
霊媒であるため、私が仲介をしたところ、
おばあさんの癌は治癒したのです。
癌細胞が消え、すぐに退院となりました。
80歳を越えて全快はめずらしいと思います。

要するに霊障でした。

その時の経験によって
皆様の家系の因縁の手ほどきをする
機会を得られた、とても重大な出来事でした。

ひいおばあさんは、その後にも数年生きられました。
いまはお亡くなりになっています。
先日はふいに、つながりを感じたので
なんだろうなと思ったのです。

家系の因縁は子孫が知らねばなりません。
気の毒な亡くなり方をした方、
生きているときに恵まれなかった方、
まわりに迷惑をかけてしまった方も
弔いの対象にほかなりません。

子供のための資料として、
皆さんの命日を知る必要もあり、
役所に頼んでいた調査が届いて、
今日それを開けてみたところ

思い浮かんだ、子供のひいおばあさんの命日は
私の子供の誕生日と同じでした。

そのことがわかって、あ然とした瞬間、
子供の学校用のバッグが
なぜか、棚からドスン、と落ちました。
家には私が一人でいて、
何も動いていないし、ゆれてもいないのに。

ひいおばあさんは癌が治ってから
ご自宅に戻られて、生まれたばかりの赤ちゃんの私の子供と
会っていました。

そのような経緯もあって、ご縁があるからか
霊界から何か、子供に伝えているようですね。

皆様にお伝えしたいことがあります。

小さいお子さんも、青年ならなおさら、
ご自身の先祖を心に思って日々手を合わせましょう。

そして、「何をお伝えになっているのか」

心でわかる、感じるようになってくださいね。

思い込み、理想主義、道徳観念、否定を手放し
素直に聞く、感じることです。

心で聞けばわかってきます。

そのようになれば、決して人生に間違うことはない、
と思います。

ご先祖がやり残していったことも、
子孫にかかわってきます。

やる気があれば、それは解決して
皆さんは開運されます。
霊界と共に生き、
地上の問題は解消してゆくでしょう。

そのような道をひらくことを
霊媒として希望をもっています。


パーマリンク

2017/11/16 (木)

続・京都の秋

日に日に寒さが増してくる今日この頃ですが、
寒さと共に秋の木の葉の色づきも鮮やかになってきています。

本日は
丹後の一宮 天橋立
元伊勢籠神社にお参りの後、
京都さろんにいらしてくださったお客様

楚々とした日本女性です

籠神社の御守りをいただきました

綺麗な天橋立の夕日も見られたそうで。
良いお参りでしたね^-^

真名井神社

カウンセリングでは
今からこれからの日本に
スピリチュアル意識次元からの影響を与える・・・と
メッセージがありましたので

お若い方々が出来ることが
今後の日本を善く変容させてゆかれるのかなと
思い、

心が温かくなりましたね。

様々な時代に残されてきたものを
拾いあげ、
それらの意義を与え

必要とあれば弔い、癒し、

道をひらくという地道な作業。

その都度、物の怪とも対峙します(笑)

これらは私どものような道をゆく者達へのメッセージです。

目に見えない世界と関わり、
その世界とやり取りをし
意識と心と想念の世界から
表現の世界への道行きを
明るくするのが私たちの役目かもしれません。

また、私どもは口が固くないといけませんし
すべてを打ち明けたとしても疑われ、
そっぽを向かれるのがだいたいのことです。

私の場合は事故にあってから
霊界の情報が頻繁に無防備にきていた頃に
ほかの人にも役に立つだろうと思って
こういうことを言われましたよ、とお伝えしたら
ものすごく不愉快も思われたり
私が疑われたりしたもので、

親切心が仇になったり
自我欲求とうけとめられるのも辛いので
一般的には、興味がありそうな感じのする人にでも
慎重に、空気を読んで言わなければならないのだなと
思わされた次第です。

また、相手が知りたくもないこと
聞く準備が出来ていないことを
つらつらとお話するのも相手のためになりませんし、

基本的に、聞かれたことと
命に関わるか生活にとって大事なことにしか
答えません。

神様って何でも教えてくれる?と思っている方もいますが
神様にもいろいろありますし・・・
悪も神です。悪という作用を神とする、すべては循環であって
調和というか要素であって、
それらが宇宙のひとしずくであることを
人は悟りなさいというわけですね

秋の京都

修行を望むのも良しだし
発展繁栄を望むのも良いし
人それぞれだと思います。

それらがすべて許されて
試されているのが人間であると
思います。

明日から名古屋、静岡に参ります。
来週水曜日からは東京です。


パーマリンク

2017/11/15 (水)

京都の秋

本日は坂本龍馬さんの命日だそうで
京都市中では大々的に弔い祭りをされていたようです。

京都の霊山護国神社では「龍馬祭」が行われて
墓前に玉串が捧げられました・・・
霊山護国神社 龍馬祭

京都を歩いていると「龍馬暗殺の地」など歴史上注目の場所に度々出くわします。そんな場所も今は店舗になっていたりします。

そして昨日の龍馬祭に参加された方が夜に京都さろんに寄ってくださり、カウンセリングを受けられたのですが
龍馬さんのお名刺をくださいました。これはまた、貴重なもので。

坂本龍馬

京都の秋も深まってまいりました。

秋は、物思う季節ですね。
心の中にあるものを感じて
それに方向性を与えてみたり。

すると何か気づきや実感を得るのではと思います。

まさにそのことを実践されているうら若き女性からの
おたより。

先生、こんばんわ🌙

神無月…
文字通りの言葉の意味があったのですね!
これまで全く知りませんでした。

急にお客さんとのアポがなくなってしまったある日、
御所とその付近の神社に参拝に行ってきましたよ。
なんだか前からずっと気になっていた気配は、梨木さんでした。
何度も近くを通っていたのに、
ちゃんとお参りした事がなかったのです。
本殿で手を合わせた時に、
ふわぁ〜〜っと風が吹いて色づいた木の葉がはらはらと舞いました。

あ〜そうだったのね…と思いました。

その日は白雲神社にも行きました。
あそこが、
私はとても気に入りました。
なんだか行くと落ち着くのですよ。

余談ですが、最近は戸籍を取り寄せて、
先祖供養を進めています😊

祖父母の本籍地がわかったので、
そこの住所をグーグルアースで検索し
見た瞬間に なぜか涙が溢れました。
何がなんだかわかりませんでした…。
戸籍をじっくり見ていると、いろんな思いが湧いてきますね。
私は3人兄弟なのですが、私たちが生まれる度に
父が役所に届けに行っていたのかぁ…とか。
なんか、戸籍って 温かい気持ちになります。

それから丁度その戸籍を取り寄せた時期は、
無性にお酒が飲みたくてたまりませんでした。
そのおじいさんは、大酒飲みだったと、
よく聞いていたんですよね。。。
おじいちゃんが出てきて喜んでるかなぁ と想像しました。
今は父方のひいおじいちゃんの戸籍を取り寄せしてるところです。届くのが楽しみです。

明日から、京都はとても寒くなるみたいですね。
先生も気温の変化には 気をつけてくださいね。
堀川通りの銀杏並木がとても綺麗に色付いてますので、
近くに行かれる時は、見てみてください🍁
それではヽ(´ー`)

そうですね
堀川通りの銀杏が綺麗ですよ。

川端通りの銀杏も今は秋の色です。

うちの窓からも鴨川、銀杏、
そして夕焼けとお山が見えます。

おたより文中の「梨木さん」とは
梨木神社ですね

街中にありますが、静寂な佇まいを感じますね。

お仕事で忙しくされていても
ふと、立ち止まって考えたりする時があります。

そういう時間ってとても大事ですよ。

心の隙間とかそういうのでもなく
大事な、これまでの経験と心と感情と意識と知識を
つなげておさめる時期で。

そんなときは、なぜか仕事ももたもたしちゃうんですよね~

人間って頭で考えたようにはいかないもので。
思うこと感じることが大事だよって教えてもらっているみたいな時間です。

そういうなんだろうな時期に、神社に呼ばれたみたいな気がして行ってみたり。
なんだろうっていう心から、何かを受け取る準備になってきていて
神様世界からふっと、息を吹きかけられているのがわかったり・・・

あ、これでいいかもって思ったりします。

自分と、自分がおかれている世界との対話ができるとあまり困らないですね、現代人も。やはり感受性って大事だなぁ。

おたよりにあるエピソードで「戸籍」の部分、
注目したのは「おじいさんの戸籍を取り寄せている間に
おじいさんの生前のお酒好きがかぶってきた」

これは、よくあることなんです。
先祖や身内の出身地と同郷の方に偶然会ったり。
それも話さなければわからなかったことをなぜか
話して、とか。

テレビで何気なく見ていたものがその土地のことだったり。

あらゆるアクションを投じて、
霊界はこちらとつながりを表してくるから
おぉありがたいことだなと素直にうけとめますね。

人の方から、つながろう、知ろうとすると
その場所、その時代との接点が明確になってきます。

まさに、つながる、という感じ。
こちらから入ってゆこうとすると開かれる場所のような。

今回のおたよりをくださったのは
関東から京都への移住した組の方で

龍馬さんの名刺をくださったのも
東京と関西の二つの拠点で動かれている方です。

場所が変われば、運命も変わるものです。

秋の京都、
今の日本の季節を楽しみたいですね。


パーマリンク

2017/11/5 (日)

新しい月

月が替わり、霜月になりましたね。

ブログを更新していなかったので覚え書きとして
メモのような感じでさせていただきます。

10月の名古屋でのリーディング会、個人セッションがありまして
霊媒は道元和尚でした

後で聞いたお話で その名古屋のリーディング会には
実家が曹洞宗、という方が数名いらしたので
なるほどなーと思いました。
私がねらってしたのではないですけどね(^^)
宗派まで伺いませんから・・・

最初は今回のグループリーディングでは
護良親王からぜひ、と思っておりましたが
いざ現場で霊媒になったら道元さんでした。
こちらからお呼びするより
私の考え、思い以上に霊界が用意されていることの方が
意味が深いものですね。

名古屋のリーディング会の後、
参加者の方から
早速ご家族で福井の永平寺に参詣されたと
おたよりをいただきました。

永平寺

永平寺

永平寺

永平寺

清々しいですね!

ありがたいことだと思い
私としては曹洞宗についても
道元についても
まったく無知でしたので
基本事項をネットで調べました・・・

愛知の豊川稲荷は曹洞宗なんですね

それはうろ覚えでした・・・

三河と赤坂の豊川稲荷さんはしばしば
皆様にお参りしてほしい場所として
出てこられるので、
この機会にしっかり覚えて
道元和尚にも御礼を申し上げないと、と
思いました!

そしてお客様皆様に霊的世界との交流の
お導きとご縁をいただいていることに
感謝です。


パーマリンク

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional